にんにく卵黄のがん予防効果!

にんにく卵黄にがん予防効果があるという話をお聞きになったことはありますか?

聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄のがん予防効果についてご紹介します。

 

にんにくはがん予防に効果のある食品の頂点!

1990年から行われているアメリカの国立がん研究所で発表された「デザイナーフーズ計画」の中で127種類の食物のうち、がんに効果のある食べ物としてにんにくが頂点に立っています。

 

実際、にんにくの摂取量とがんの発生頻度を調べると、にんにくを多くとっている人の方が、がんが少ない事がわかっています。効果をもっとも期待できるのは、食べる際に確実に通過する「胃がん」と「大腸がん」で、特に胃がんに関しては年間1.5キロ以上のにんにくを食べると、発症リスクが下がるといわれているそうです。

 

にんにく卵黄ががんに効く理由

にんにく卵黄の主な成分はにんにくと卵黄なのでにんにくの含まれているにんにく卵黄はにも、がん予防が期待できます。ここでは、どのようにがんに効くのか、その理由についてお話します。

 

ひとつはにんにくに含まれる成分が免疫機能を強化するからです。にんにくに含まれる硫黄化合物はがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させることにより、がん予防に一役買っているのです。

 

ふたつめ、にんにくに含まれる成分ががん細胞の増殖を防ぐからです。にんにくがすりつぶされ、オイルに解かされるとジアリルトリスルフィド(DATS)という成分が発生します。この成分ががん細胞の増殖を抑え、またがん細胞を消滅させことが現代の医学でわかっています。この効果はただボイルしただけのにんにくを食べるだけでは得られません。

 

みっつめ、発がん性物質を活性化させる活性酸素を除去するからです。

にんにくが活性酸素を除去することは、にんにく卵黄のアンチエイジング効果!でも詳しく触れていますが、この活性酸素は発がん性物質を活性化させる働きをします。活性酸素を除去することで、発がん性物質の活性化を防ぎ、がん予防に効果が期待できるのです。

 


にんにく卵黄の殺菌作用!

にんにく卵黄の殺菌作用がすごいという話をお聞きになったことはありますか?

聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄の殺菌作用についてご紹介します。

 

にんにくは古代から認められていた万能薬

にんにくは古くから風邪の薬として知られていました。また、スタミナアップ、元気のもととして多くの国で昔から使われてきたようですが、にんにくの効果として一番最初に発見されたのが、殺菌・抗菌にかかわる効果らしいのです。

 

現代の医学で検証したところ、23種類のウイルスに対して自然免疫を上げ、ウイルスに対する抗体をたくさん作らせることが認められているそうです。風邪のウイルスはもちろん、インフルエンザにも匹敵する効果がにんにくに含まれるアリシンには認められてるのです。

 

にんにく卵黄は善玉菌も殺してしまうのか?

その殺菌作用により、多くの菌を殺すといわれているアリシンは、胃がんの原因になるピロリ菌やO-157、インフルエンザ、サルモネラ菌にも強力な効果があります。

 

そこで気になるのは、にんにく卵黄を摂取し続けると腸内の善玉菌も殺されてしまうのではないか…という点です。実際のところ、生のにんにくをたくさん食べすぎると、胃や腸を痛めたり、善玉菌にも影響を及ぼしてしまうのは事実だそうです。

 

しかし、少量のにんにくを毎日取り続けるなら、ビフィズス菌を活性化させ、悪玉菌を抑える効果が認めされています。

 

適切な量としては生のにんにくなら一日1片、加熱されたものは1日3片までのようです。にんにく卵黄なら一日の量を守っていれば摂りすぎの心配はなく、においも気になりません。

 


にんにく卵黄の血圧を正常にする効果!

にんにく卵黄が血圧を正常にするのに効果的という話をお聞きになったことはありますか?聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄の血圧を正常にする効果についてご紹介します。

 

にんにく卵黄と血圧の不思議な関係

にんにくは昔から食べる薬として重宝されてきましたが、特に血圧に注目すると興味深い効果がわかってきます。まず、にんにくに含まれる有効成分の硫黄化合物には血管の流れをよくして、血圧を下げる効果があります。

 

逆に低血圧の方が飲むと、血圧があがったという報告もあるそうなので、にんにくは血圧を下げるのではなく、血圧を正常な働きにする効果があるという見方をする研究者もいるそうです。

 

さて、血液に良い効果を発揮するのはにんにくだけではありません、にんにくと卵黄が融合することでできる脂質アリシンという成分ができます。この脂質アリシンこそが、血液の中の老廃物やコレステロールを除去する効果があり、にんにくだけ摂るよりも効果的に血流を良くするのです。

 

にんにく卵黄で血圧を正常にするために大切なこと

さて、にんにく卵黄を飲むと血圧が下がる仕組みを簡単に言うと血液をサラサラにして、血管を広くするので血圧が下がるわけですが、体質を一発で変える薬というわけではありません。にんにく卵黄を定期的に摂取することにより、血圧を正常の状態にする効果が望めるということです。

 

つまり、にんにく卵黄で血圧を正常にしたいと考えるなら、飲み続けること、継続が大切なのです。

 


にんにく卵黄のアンチエイジング効果!

にんにく卵黄がアンチエイジングに効果的という話をお聞きになったことはありますか?

聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄のアンチエイジング効果についてご紹介します。

 

老化を促しシミしわを増やしてしまう活性酸素

活性酸素は紫外線、ストレスや食品添加物や重度の喫煙、意外なところでは激しい運動などで発生する体内の錆のようなものです。

 

この活性酸素、質は適量であれば最近から体を守る効果を発揮してくれるのですが、活性酸素が増えすぎると体に様々な害を及ぼす物質を作る原因になってしまいます。たとえば、がんや心臓病、動脈硬化など、大きな病気の原因の多くは活性酸素が影響を及ぼしているのだとか。

 

この活性酸素の厄介なところは体外から吸収されるものではなく、体内でできるということです。

体内の毒素としての活性酸素をどのように除去していくがが、アンチエイジングの肝になるわけですが、ここで登場するのがにんにく卵黄です。

 

美容の大敵!活性酸素を除去するにんにく卵黄

にんにくには高い抗酸化作用があることは、にんにく卵黄の疲労回復効果!でも述べましたが、この抗酸化作用は美容にも効果があるのです。

 

にんにくに含まれる成分は、美肌の大敵活性酸素を消去する性質が強く、デトックス能力を高めるアンチエイジング効果が期待できます。

 

にんにくに含まれている抗酸化物質はポリフェノールやビタミンA、アリシンをはじめとし、実に15種類以上とされ、体が本来持っている抗酸化作用をサポートし、しみ、しわなどの老化防止や健康面では、がんや動脈硬化の予防に効果があるのです。

 


にんにく卵黄の疲労回復効果!

にんにく卵黄が疲労回復に効果的という話をお聞きになったことはありますか?

聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄の疲労回復効果についてご紹介します。

 

疲労回復に効く!ビタミンB1の吸収を促進させる作用

疲労の原因の一つとして、エネルギー不足があります。にんにくに含まれているアリシンはビタミンB1と結び付き、糖質をエネルギーに変える働きをもっています。

 

エネルギーを手に入れるために欠かせない成分として挙げられるのはビタミンB1なのですが、このビタミンB1は体内で保持できる量がごくわずかで限られており、にんにくに含まれているアリシンがそのビタミンB1を体内に吸収されやすくなり、疲労回復に効くというわけなのです。

 

つまりにんにくを食べるとエネルギー代謝が促され疲労回復に効くというわけです。

 

にんにくの抗酸化作用で疲労回復

にんにくには活性酸素を除去する効果があります。

 

活性酸素は簡単に言うと体を酸化させる錆のようなもので、体に過剰に発生すると体内で処理できず、疲労や老化の原因になってしまいます。

 

その酸化を除去する効果、抗酸化作用は若い時や規則正しい生活を送っているうちは正常に働くのですが、40歳を過ぎたあたりからその効果が弱まってきます。しかし、体内の抗酸化力が低下しても、抗酸化作用の高い食物を定期的に摂取することにより活性酸素の除去を行うことができるのです。

 

抗酸化の作用の高い食べ物としては、バナナ、カボチャ、ニンジンなどがあげられますが、特にしょうが、セロリ、そしてにんにくは独特のにおい成分アリシンの含有率が豊富に認められており、抗酸化作用が高く、疲労回復に効くというわけなのです。

 


にんにく卵黄のダイエット効果!

にんにく卵黄がダイエットに効果的という話をお聞きになったことはありますか?

聞いたことがある方にも、聞いたことがない方にも、こちらのページではにんにく卵黄のダイエット効果についてご紹介します。

 

ダイエットに効果があるのはにんにくの中のアリシンの効果!

にんにくの中にあるアリシンという成分は、体にビタミンB1を取り込む作用を果たします。そしてこの、ビタミンB1が、体の中の糖分をエネルギーに変化させる働きを持っているのです。

 

つまり、ビタミンB1が体の中で働いてくれればくれるほど脂肪が燃焼されるわけですが、このビタミンB1という成分は体内吸収で取り入れられる量がきわめて少なく、体内に吸収されなかったものは汗や尿になって排出されてしまいます。なので、脂肪を燃焼するためにはビタミンB1をせっせと取り入れる必要があるのです。

 

ビタミンB1を摂取した体内にアリシンの多く含まれているにんにくを摂取すると、アリシンとビタミンB1が結びつき、体に摂取されやすいアリチアミンという物質に変化し、ビタミンB1よりも長い間、糖をエネルギーに変えてくれるので、より効率よく脂肪を燃焼してくれるのです。それで、にんにくはダイエットに効果があるといわれているのです。

 

にんにくを食べるとノルアドレナリンの効果で痩せる!

にんにくを食べると交感神経が刺激されノルアドレナリンが分泌されます。

 

ノルアドレナリンが分泌されると新陳代謝が活発になり、コレステロールや中性脂肪の燃焼がはじまり、体内の糖や脂肪が燃焼するのでダイエット効果が期待できるのです。

 


黒にんにくサプリランキング

熟成にんにく卵黄 黒の力

にんに卵黄

にんにく玉ゴールド

妊活

伝承にんにく卵黄

にんにく卵黄はこんな方におすすめ
サプリメントとしてのにんにく卵黄
にんにく卵黄マメ知識
にんにく卵黄商品
メタ情報

ページの先頭へ